院内設備

直線上に配置

AED(自動体外式除細動機)

致死的な不整脈に対応するための器具です。

超音波診断装置

<心エコー>
心臓の動き、形体、機能などを詳しく観察することができます。心機能の評価、心臓弁膜症の有無などを見ることができます。
検診等で心電図異常や心雑音を指摘された方にもお勧めします。

<頸動脈エコー>
頸動脈を観察することで、動脈硬化の程度を検討することができます。すぐそばにある甲状腺も観察することができます。
高血圧や糖尿病、高脂血症(高コレステロール血症)の方などでは検査をお勧めいたします。

<腹部エコー>
腹部の臓器を観察します。

FCR

これまでのフィルムのかわりになります。撮影したカセットを挿入するとデジタル処理され、コンピュータ上にすぐに画像が表示されます。現像する時間がなくなりますので、撮影後すぐに診断することができます。撮影の失敗もほとんどなくなります。

心電図


心電図は循環器科診療の基本となります。さまざまな情報が得られます。
これまでの紙での出力だけでなく、ペーパーレスで、コンピューターに測定後すぐに波形が出てきますので便利です。

血圧脈波検査装置

下肢の動脈硬化の指標であるABI(足間接上腕血圧比)を求めることができます。足がしびれる、長く歩くと足が痛くなるという方は、ぜひ検査を受けてください。

血管の固さを見るCAVIという指標により“血管年齢”も出てきます。診療の参考にすることができます。

呼吸機能検査

近年喫煙者を中心に閉塞性肺疾患(COPD)の患者さんが増えています。この機械では、一秒量をもとに肺年齢を計算してくれます。

%肺活量=実測肺活量/予測肺活量 × 100 (%)
予測肺活量は年齢、身長をもとに機械が自動的に計算します。

一秒量=息を努力して(力を込めて)吐き出したときに呼出される空気量のうち最初の一秒間に吐き出された量。

一秒率=一秒量/肺活量×100(%)

肺活量が減るのを拘束性肺障害(肺線維症など)といい、一秒率が減るのを閉塞性肺障害(肺気腫や、喘息など)と言います。両者が混在する場合は混合性肺障害と言います。

INR迅速測定器(コアグチェック)

血液のかたまり具合を測定する機械です。数滴の血液で検査ができ、すぐに結果が出ます。弁置換術後や心房細動の患者さんでワーファリンを服用中の方に行っています。

ホルター心電図

24時間心電図を測定し、主に不整脈の診断に主に使います。動悸などの症状がある方は、ご相談ください。

Dr. Medomer

むくみの治療に使います。

携帯型心電計

発作性の不整脈の診断に用います。
直線上に配置
|Topへ戻る|